コウモリ退治のやり方

コウモリは一般的には洞窟などに住んでいるイメージがありますが、実際には家屋の屋根裏や床下に住みつくことも少なくありません。

安心できるコウモリ退治関連情報を紹介しています。

このように家屋にコウモリが住みついてしまうと、糞などが原因で天井にシミが出来たり、天井が腐敗してしまったりしてしまうことがあります。


なので、家屋に住みついてしまった場合にはコウモリ退治をしなければなりません。


では、コウモリ退治はどのように行えばよいのでしょうか。



コウモリはそもそも鳥獣保護の対象となっている動物ですから、むやみに殺傷したり、捕獲したりしてはいけないことになっています。
なので、コウモリ退治をする時には殺傷能力のないコウモリ専用の忌避スプレーを使います。


忌避スプレーにはコウモリの嫌がる物質が入っているので、スプレーを使うことで、家屋に住みついたコウモリを外に追い出すことができます。


しかし、追い出してもしばらく時間が経てばまた戻ってきてしまうので、コウモリが侵入してきた場所を探し出して、金網などを取り付け、コウモリが再度侵入することが出来ないようにしましょう。


しかし、中にはコウモリ退治用のスプレーを使っても外に出ていかないコウモリもいます。


このように自分ではどうしようもなくなった場合には害獣駆除の業者に頼むようにしましょう。



業者に頼んだ場合にはコウモリの侵入経路を探し出してくれたりもするので、自分で退治作業を行うよりも確実にコウモリを退治でき、再度コウモリが侵入することを防ぐことができます。