害獣対策に効果的なウルフピーとは

秋から冬にかけてテレビのニュースなどでも紹介されている事が、クマやタヌキに猪などの野生動物が里山や民家に出現して農作物を荒らす事です。

今、話題の便利なウルフピーに関する情報をすばやく探せます。

収穫前の農作物被害だけでも大変なのですが、人間と鉢合わせした時に凶暴になり襲われて大けがを負う事もあります。こう言った害獣に対して罠を仕掛けたり鉄柵を設置するだけでなく、電流が流れる柵で対策するなど様々な方法がある中で、最近注目されている対策グッズがウルフピーです。

鉄柵の場合は一見効果が高そうなのですが柵を飛び越える害獣もいますし、穴を掘って柵の中に入り込む害獣もいるのですが、ウルフピーは動物の本能に働きかけて近寄らなくなる効果があります。



本能に働きかける理由とは、ウルフピーは野生動物の頂点に立っている狼の尿の事で、縄張り意識が大変強く肉食でクマでも襲い掛かる狼の尿は、殆どの野生生物にとって危険な臭いだと認知して逃げ出すのです。
実際に日本国内でも各地のJAや市町村に設置されている鳥獣害対策本部に高速道路などで検証されており、有効性が確認されています。ウルフピー以外にも動物の嫌がる臭いや刺激臭を含んだスプレーなどもありますが、こう言ったスプレーは嫌がるだけで臭いが薄くなったり慣れてしまうと効果も無くなるのに対して、ウルフピーは動物が嫌がる以上に命の危険を感じてしまうので効果も抜群です。



中でも狼の尿を100%使用した本物に対して類似品や粗悪品も販売されているので、選ぶ際には公式のサイトや信頼あるサイトを見つけて購入する事が迷惑動物撃退成功の近道となっています。