インプラント治療は定期検診も必要です

インプラント治療を受ける事で噛み合わせを作り出せる、自然の歯を削らずに治療を受ける事が出来る、噛む力を骨に伝えることが出来る、構造体を骨に埋め込むため骨の衰退を防止することが出来るなど、様々なメリットが在りますが、インプラント治療は治療を受ければ何もしないで良いと言う事ではなく、自然の歯の機能を取り戻すと同時に、定期的な点検をすることがインプラント治療には必要となるのです。

インプラントは人工歯根、人工歯、そして2つを結合するためのパーツの3つの構造体で構成されており、人工歯根と人工歯の2つの構造体を結合するパーツはねじ式になっているタイプが多く在るため、このネジが緩んでしまうと噛み合わせが悪くなってしまったり、構造体が壊れてしまう恐れがあると言われています。



そのため、治療を受けた後は1年に1度などの割合で、手術を受けた歯医者さんでの定期検診を受ける事が大切です。
定期検診では現在の構造体の不具合箇所の有無のチェックを行うと同時に、自然に生えている歯の健診も併せて行って貰えるため、口の中の環境を常に健康な状態を維持することが出来るようになります。

NAVERまとめといえばこちらです。

歯医者さんと言うのは、歯の痛みなどを感じないと行かないと言う人が多いのですが、定期的な検診を受けておくことで虫歯などの症状が悪化する前に治療を受ける事が出来ますし、早めの治療を受ける事でインプラント治療を受けずに歯の健康を守ることが出来るようになります。

渋谷のインプラントをご提案いたします。