インプラント治療にかかる期間

インプラントは、歯を失ってしまった部分にチタン製のネジを埋め込み、その上に人工の歯をかぶせる治療です。

入れ歯のように取り外しする必要はなく、顎の骨に直接埋め込むので自分の歯のような自然な噛み心地が人気です。

渋谷のインプラント情報に関する耳より情報を公開しています。

インプラントを希望する患者さんは年々増えていますが、初診で歯科医院を受診してもいきなり治療はできません。

T-SITEについての基礎知識と魅力をご説明しているサイトです。

事前にレントゲンやCTで残った骨の状態や、顎の骨の状態を確認して、どのように治療を行うかを計画する必要があるからです。


いくら治療を希望していても、顎の骨がない場合や、歯周病がひどい場合はインプラントができないことがあります。
検査で治療ができるという診断が出たら、チタンを埋め込む手術の日を決めます。手術は部分麻酔で行われるので、意識がある状態で行え、日帰りでできます。

埋め込んだその日に仮の歯まで装着できる治療法もありますが、多くの場合はチタンと骨が結合するまでに数カ月待つ期間が必要になります。

その後、チタンの上にかぶせる人工歯を作る治療に入ります。
人工歯はセラミックで作られるので、本物の歯のような透明感を持ちます。人工歯が装着でき、噛み合わせの調整ができれば、治療は終わりになりますが、初診からここまでに半年から10ヶ月ほどの期間がかかります。



治療が終わっても、噛む力のチェックやクリーニングなどで、定期的に健診を受ける必要があります。
こうすることで、インプラントを良い状態で長く使うことができます。