自然にも優しいウルフピーの使用方法

ウルフピーは狼の尿を用いて製造されていますが、動物の習性には天敵の尿などで天敵の存在を察知して危険などの情報を仲間に知らせる役割があります。

ウルフピーの情報を公開しているサイトです。

ウルフピーは多くの動物の天敵である狼の尿であるため、その臭いを嗅ぐことで動物の危険を察知する習性に働きかけて寄せ付けなくすることが可能です。

製造過程で添加物を配合されないで製造されている点で、環境汚染の心配も一切ない点でも優れています。



その使用方法は、基本的に小分けした容器であるディスペンサーにウルフピーを投入するだけで良く、入り込まれたくない敷地の周囲をそれによって囲うことで害獣を寄せ付けなくすることができます。


ただ忌避したい動物によって、その設置間隔に違いが存在しますので注意が必要です。



比較的に大型な動物であるイノシシ、シカ、サル、クマなどの場合は約6m間隔で設置を行い、小型動物であるタヌキ、キツネ、いたち、ハクビシンは約4m間隔で設置を行うと良いです。

ディスペンサーにウルフピーを入れると風によって周囲に発散され、動物を一切、寄せ付けなくなります。

設置する高さについては、30cm〜60cm程度の高さが良く、敷地周囲の囲いなどにディスペンサーをぶら下げておけば、効果的となります。


ディスペンサーでは約1ヶ月の期間保つため、それが発散されてなくなっても随時、継ぎ足して利用すれば、また効果を得ることができます。
なおウルフピーの優れたメリットには動物の本能に働きかけるため、それに慣れてしまう心配が一切ないこととなります。